戦国IXA攻略 ランカーへの近道!

【戦国ixaの攻略ブログ】合戦や内政の攻略、効率の良いレベル上げ、武将の育成方針に新武将のスキル性能や合成テーブル情報、スキル性能比較やおすすめ素材等を紹介。プレイ日記も交えながら毎日更新中!攻略Wikiと使い分けて情報を一早くチェック

大内義隆【天】の考察と育成方針

戦国IXA 14章追加の天武将 大内義隆 スキル性能と合成テーブル

・2018年 3/23 合成テーブルのスキルレアリティ追加と加筆修正

天 大内

成長:攻撃【27】 防御【30】 兵法【2.5】


<スキル性能>
天 大内Lv10

<武将数別性能例>
単独:20名全て「穴太衆」に統一した場合:【84%】上昇
加勢:100名全て「穴太衆」に統一した場合:【324%】上昇
加勢:160名全て「穴太衆」に統一した場合:【504%】上昇


※この後の考察や育成方針は個人的見解なので、
見当違いの事もあると思いますが、その辺はご了承下さい。




<用途>

本人(大内義隆)が指揮している兵種と
同じ兵種を率いている自軍武将の人数に応じて防御効果に加算されるので、
加勢時や同盟陣防御等で、同盟内で連携して兵種を同じにすると非常に強力なスキルとなる。


<初期スキルの効果について> ※スキル必勝講座より抜粋
天 大内 追加


又、初期スキルの【狂天大楽】も移植可能なので、
合成専用の【覇龍滅破陣】も同時に狙える素材にもなる。


ちなみに防御効果2倍の特殊効果持ちに追加した場合

スキル効果倍 狂天 

報器防の防御上昇部分だけでなく、特殊効果の武将数による防御効果加算も倍の【×6】に


◆運用兵科◆

15章から器防が重要になった事もあり、
「穴太衆」で同一兵科に統一させ易いので、器防で運用したい。

初期から器がSSSあるので、ランク★4でもう1つ統率をSSSに出来る為、
槍上げなら「足軽鉄砲」との砲器、弓上げなら「大筒」にも対応した「焙烙火矢」との砲器
馬上げなら「騎馬鉄砲」との砲器兼用という選択肢もありかと。



<ステ振り>

◆兵法振りの理由◆

兵法成長率は高いので、強力なスキルや重要なスキルの発動率底上げを望む場合や
部隊スキル込みの部隊内に配備する際は、
部隊全体のスキル発動率を高めておくと、部隊スキル発動時の恩恵に繋がりやすくなる。

又、初期スキルの効果に加え、銅銭系スキルや特殊スキルを持つ武将の
スキル発動率を少しでも上げたいなら兵法を高めて損はないかと。


◆防御振りの理由◆

14章登場の防御天の中で防御成長率が【30】と最も高く、
追加スキルや武将の組み合わせ次第では、防御振りの方が期待値が高くなるので、
特に部隊内に兵法成長【3】の軍師が居るのなら、防御振りで安定させるのも選択肢に入るかと。



<追加スキル>

合成で使える費用は人それぞれ異なり、続々と強力な新スキルが追加されて来ているので、
その時の費用に見合ったスキルを以下の表から比較しつつ選んで付けたい。

おすすめ【砲防+全防スキル】必要な素材と性能比較:一覧
おすすめ【器防】必要な素材と性能比較:一覧
【人数依存スキル】性能比較と素材:一覧
模倣や銅銭スキル等の特殊スキル追加に必要な素材:一覧
【天衣無縫陣】【武神八幡陣】【洞察】等の天クラスのスキル素材作成が可能な武将:一覧


◆合成テーブル◆

第一候補:狂奏 [B]
第二候補:狂天大楽 [S]
第三候補:天鎖燎原陣 [SS]
S1候補:覇龍滅破陣 [SS]
S2候補:天綾の誓約 [SS]  → 追加後は【天焉相克】素材にもなる


【狂天大楽】【天鎖燎原陣】【覇龍滅破陣】の移植素材に。

天 大内Lv10 天鎖燎原陣Lv10 覇龍Lv10

【天鎖燎原陣】の部隊ランク別性能
全員限界突破(全防: 90%)
全員極限突破(全防105%)


尚、同一合成(S2)からは【天綾の誓約】が狙える。

天綾Lv10

Re: ご指摘ありがとうございます! 影武者@管理人

完全に消し忘れだったので修正しておきました(`・ω・´)ゞ

また気が付いた事がありましたら、宜しくおねがいしますm(_ _)m
2017-06-05

 名無し

追加スキルのところコスト4.5になってますよ^^
2017-10-24

Re: 名無し さん 影武者@管理人

ご指摘ありがとうございますm(__)m
他の武将の雛形がそのまま残ってたようなので修正しておきます。
2017-10-24

 あした

複数の大内がいて、防御兵を穴太に揃えるのが一般的な使い方です。
砲にするのなら、さらに砲の種類をあわせなければいけないくなります。
2018-01-03

Re: あしたさん 影武者@管理人

器防での運用がメインになると自分も思ってます。
特に15章になればより重要になってきますし。

他のコメントにも同じ返信を記載してますが、
今は極武将の加筆修正をしているので、いずれ天武将全般の加筆修正をする予定です。


尚、本記事の用途の上の赤文字※に記載してますが、
今後はその部分をご考慮下さるとありがたいです。
2018-01-03