徳川家康(6)【天】 育成方針

  更新日:2017-03-22 | コメント(0)
◆IXA 13章 天武将 徳川家康(6)◆

天 家康

成長:攻撃【25】 防御【23】 兵法【2.5】


<スキル性能>
天 家康Lv10
                                         スポンサーリンク



※個人的見解なので、見当違いの事もあると思いますが、その辺はご了承下さい。 

<用途>

スキルは攻防速対応だし、
コスト1.5で初期兵数が【2750】と非常に多い(※同コストの天:真田信繁の兵数は2250)ので、
防御でも使い易く、ソロ合流や強襲部隊のコスト調整役としても重宝しそう。

攻防対応スキルを追加すれば攻防兼用も可能ですが、
攻撃で使ってHPが減ってる際に敵襲が来ると、肝心な時に防御配備が出来なかったり、その逆も然り。


とはいえ、手持ちのコスト1.5の武将が攻防共に不足してるのなら
攻撃でも防御でも活躍が期待出来るので、攻防兼用も選択肢に。

ただ、天家康は覇も含めて合計で6枚も登場しているので、
同名の被り天が増える程、運用が悩ましくなりそうではあります。


◆運用兵科について◆

限界突破すれば任意の統率をSSS+SSSに出来るので、強化したい兵科で育成出来る。

序盤「長槍」、中盤以降は「穴太衆」「足鉄」の槍砲器兼用や
序盤「長弓」、中盤以降は「穴太衆」「大筒」「焙烙」の弓砲器攻防兼用

といった感じで、複数兵科対応をさせて、フルシーズン使えるようにしたい。



<ステ振り>

◆兵法振りの理由◆

兵法成長率【2.5】あるので攻防どちらに育成しても対応できるし、
強力なスキルの発動率底上げを望む場合や
部隊スキル込みの部隊内に配備する際は
部隊全体のスキル発動率アップで部隊スキル発動時の恩恵を高めれる。

又、銅銭系武将を部隊内に加える可能性もあるなら
少しでもスキル発動率を上げたくなるので兵法を高めて損はないかと。


◆攻撃、又は防御振りの理由◆

追加スキルや部隊の組み合わせ次第ではありますが、
運用をどちらかに片方に特化すると決まってて、
部隊内に兵法成長【3】の軍師が居るのなら、
攻撃なら攻撃、防御なら防御振りで安定させるのが良さそう。



<合成素材>

第二候補には覇:家康のスキル【天葵の神攻】
第三候補は非常に強力な全攻防速対応の初期スキル【四神天道】があるので第一候補に繰り上げしやすく、
隠しスキル(S1)からは特殊スキルの【覇道天聖】も同時に狙える良素材になる。

天葵Lv10 覇道LV10



<追加スキル>

合成で使える費用は人それぞれ異なり、
続々と強力な新スキルが追加されて来ているので、
その時の費用に見合ったスキルを以下の表から比較しつつ選んで付けたい。

おすすめスキルの追加に必要な素材と性能比較




<関連記事>
徳川家康(6)【天】スキルLv10判明

◆合成テーブル◆
第一候補:刹那の猛勇
第二候補:天葵の神攻
第三候補:四神天道
S1候補:覇道天聖
S2候補:覇王征軍 ※同一合成




 



    ■最新記事一覧・トップページへ戻る   |  △ページ上部へ


    

戦国IXA 公式ガイドブック 破軍之書 購入特典カードは【破軍星】素材

公式ガイドブック
関連記事
コメント:
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
送信する前に以下の内容をご確認下さい。
・コメントの内容が英数字でが95%以上になるとスパム判定になってしまうので、お気を付けください。
【連絡】コメントで頂ける情報へのお願いとお詫び



   ■トップページへ戻る   |  ↑ページ上部へ