井伊直虎【天】 育成方針

  更新日:2017-04-25 | コメント(1)
◆IXA 天武将 井伊直虎 2017年 イベント「バレンタインキッス」限定配布◆

※育成Episode追記

天 直虎

成長:攻撃【21】 防御【24】 兵法【2.0】

※取引不可

※2017年 3月 部隊スキル【戦姫艶舞】対応


<スキル性能>
天 直虎Lv10 ランク18

スキルLv10で「全防:(部隊ランクスキル発動率 x 11)%上昇」

※部隊ランクボーナス一覧表

4人ランク★5で部隊ランク★20=【全防:47.3%】
4人限界突破で部隊ランク★24=【全防:66%】
4人極限突破で部隊ランク★28=【全防:77%】


                                         スポンサーリンク



※個人的見解なので、見当違いの事もあると思いますが、その辺はご了承下さい。 

<用途>

強力な全防スキルを持ち、兵科統率も不得手がないので
どの兵科でも育成出来るのが強みかなと。

補強したいと考えてた兵科だけでなく、コスト2で使い易い天姫になるので
序盤からでも運用が出来るように複数対応スキルを付けて
槍砲兼用や弓砲、馬砲兼用等、序盤は砲や器防以外の兵科でも使えるようにしておきたい。

とりあえず初期スキルは部隊ランクを上げない事には性能を発揮しないので
直虎本人含め、配備する部隊内のその他の武将ランクを優先的に上げる事に。


尚、兵科統率的には槍砲器防対応辺りが良さそうですが、
槍砲対応武将って結構飽和気味だし、部隊スキルに対応したので
武将の組み合わせや相棒となる姫を考慮して運用兵科を決めたい。


<育成日記>
【日記】素材は売り時 駆け込みランクアップRUSH! 
【日記】おんな城主 直虎【天】育成Episode2:「限界突破と寵姫追加へ」
【日記】おんな城主 直虎【天】育成Episode3「Re: 寵姫」
【日記】おんな城主 直虎【天】育成Episode4「寵姫美人」



<ステ振り>

◆兵法振りの理由◆
強力なスキルの発動率底上げを望む場合や
部隊スキル込みの部隊内に配備する際は
部隊全体のスキル発動率アップで部隊スキル発動時の恩恵を高めれる。

◆防御振りの理由◆
防御成長率もそこまで高いわけではないけど、追加スキルや武将の組み合わせ次第では
防御振りの方が期待値が高くなる場合も。

特に部隊内に兵法成長【3】の軍師が居るのなら、
防御振りで安定させるのも選択肢に入るかと。



<合成素材>

流石に限定配布の天なので二度と手に入らない可能性が高く、
戦力としても使い易いので素材として溶かすには勿体ない気持ちが強いけど、

隠しスキル(S1)からは強力な初期スキル【女地頭】が移植可能だし、
他にも優秀な全防スキルがテーブルにあるので素材としても魅力的。

柳眉倒豎 洞察 ★26 

※【洞察】の性能
★24=全防:60%
★28=全防:70%




<追加スキル>

初期スキル同様、部隊ランクで効果が変化する全防スキル【洞察】とかつけてみたいのですが、

合成で使える費用は人それぞれ異なるし、
続々と強力な新スキルが追加されて来ているので、
その時の費用に見合ったスキルを以下の表から比較しつつ選んで付けたい。

おすすめスキルの追加に必要な素材と性能比較



<関連記事:画像での確認はこちら>
天『井伊直虎』スキルLv10の性能と合成テーブルについて

◆合成テーブル◆
第一候補:鉄壁の備え
第二候補:柳眉倒豎
第三候補:洞察
S1候補:女地頭
S2候補:盟約の憐姫  ※同一合成



 



    ■最新記事一覧・トップページへ戻る   |  △ページ上部へ


    

戦国IXA 公式ガイドブック 破軍之書 購入特典カードは【破軍星】素材

公式ガイドブック
関連記事
コメント:
穴太衆が出たこととそのコスパや性能が思いの外良いことから防衛部隊のスキルは序盤の馬攻め主体の時期には槍防、中盤以降の様々な兵科で攻めてくる時期には器防でいいじゃないかという雑な考えに至りまして彼女には槍衾と龍哭の酒を付けました(超安上がりな上にいい仕事をします)。
焙烙も鉄足も騎鉄も攻めで使う分には相手を見て使うのでそんなに溶かさないからいいのですが防衛、殊に加勢ともなると全部溶けることはままあるので守りには使いたくないなって感じですね。
【2017/04/25 07:09】 | くすりや65 #4JcWZNxE
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
送信する前に以下の内容をご確認下さい。
・コメントの内容が英数字でが95%以上になるとスパム判定になってしまうので、お気を付けください。
【連絡】コメントで頂ける情報へのお願いとお詫び



   ■トップページへ戻る   |  ↑ページ上部へ