戦国IXA攻略 ランカーへの近道!

【戦国ixaの攻略ブログ】合戦や内政の攻略、効率の良いレベル上げ、武将の育成方針に新武将のスキル性能や合成テーブル情報、スキル性能比較やおすすめ素材等を紹介。プレイ日記も交えながら毎日更新中!攻略Wikiと使い分けて情報を一早くチェック



赤井直正【極】の考察と育成方針

◆IXA 極武将 赤井直正 考察+合成テーブル 2016年 6月追加◆

・2018年 4/2 排出停止
・2017年 6/28 加筆修正

極 赤井

成長:攻撃【21】 防御【18】 兵法【2.0】


<スキル性能>
戦鬼Lv10



<排出されるくじの種類>

・金くじ、天下くじ、天上くじ



<対応部隊スキル>

・【戦場の鬼】(2016年 8月対応)



<用途>

部隊スキル【戦場の鬼】を槍馬器のいずれかの兵科で部隊を組む場合、候補に入る武将の1人。


◆運用兵科◆

「武士」メインの槍攻運用する場合、限界突破で槍と弓をSSSに出来るので槍特化にしても良いし、
「赤備え」メインの馬攻運用する場合、ランク★5から槍と馬をSSSに出来るので、
「長槍」との槍馬兼用も可能。

器攻専用にする場合、「攻城櫓」メインならランク3で器をSSSになるので問題ないけど、
「大筒」の適性をSSSにするには極限突破が必要になる。

部隊スキル運用がメインになると思うので、その部隊に合わせた兵科で育成するのが無難かと。



<合成素材>

第二候補には【赤鬼刺】があり、第三候補からは初期スキルの【戦鬼紅刃】 の移植が可能。
また、隠しスキル(S1)からは【鬼神刺】が狙える素材に。

スキル 赤鬼刺Lv10 戦鬼Lv10スキル 鬼神刺Lv10 

<赤鬼刺のコスト別性能>    <鬼神刺のコスト別性能>
  C3.5「42%」          C3.5「35%」
  C4.0「48%」          C4.0「40%」
  C4.5「54%」          C4.5「45%」
  C5.0「60%」          C5.0「50%」




<追加スキル>
合成で使える費用は人それぞれ異なるし、
続々と強力な新スキルが追加されて来ているので、
その時の費用に見合ったスキルを以下の表から比較しつつ選んで付けたい。

おすすめ【槍攻スキル】必要な素材と性能比較:一覧
おすすめ【馬攻スキル】必要な素材と性能比較:一覧
おすすめ【器攻スキル】必要な素材と性能比較:一覧



◆合成テーブル◆

第一候補【槍隊突撃】 [F]
第二候補【赤鬼刺】 [D]
第三候補【戦鬼紅刃】 [B]
S1候補【鬼神刺】 [B]
S2候補【鬼神轟雷】 [B] ※同一合成

 むむっ

この発動率で攻撃力が40超えしたらダメでしょ

天やシクレ、プラチナの立場を考えて
(一枚、数十万もするんだから)
2016-06-11

 影武者@管理人

むむっ さん

3月に登場した極『菊姫』のスキルは同じ槍馬対応で 【26-46】と発動率も悪くない上に40%越えてますし、
対応兵科は違えど2月登場のコスト3.5の綾御前のスキルは【35-42】になってるのを思うと
3か月後に出てきた新武将ならもっと・・・という気持ちが強かったんですよね。


あくまでもそこは個人的感想として書いてる部分で
考え方や感じ方はそれぞれ違って当然ですし、
個人的見解なので、異なる意見はあると思いますがご了承下さい。
2016-06-11

 ブログ愛読者

出城MAX耐久が15万

通常のソロ合流だけでは落としきれず
武士に破壊上昇をいくつか追加するか
器攻めを混ぜるしかなくなってます

今後は単に発動や威力だけでなく
破壊上昇にも重点がくると思います
2016-06-11

 影武者@管理人

出城攻めはソロだと加勢を呼ばれるリスクが大きいので、
基本的に合流でしか攻めなくなったので、ソロ凸自体が減ってましたけど、
今後はもっと減って来そうですよね・・・

11章の時点で城や出城にソロで攻められた事は結局一度もなかったですけど^^;

武士以外でも弓騎馬や赤備えの破壊値が【3】と軒並み上昇してるので、
ある程度の合流数になれば今まで通りいけると思いますが、

自分の場合、ソロだと完全に空き巣狙いしかせず、城攻めの際はいつも破城使ってたので
今までと変わらず攻城専門の部隊と通常合流部隊という区分けになるかなと考えてます。
2016-06-11

 ブログ愛読者

初期スキルはS1ではなくCではないかと?
一覧表がS1になってます
2016-10-04

 影武者@管理人

> 初期スキルはS1ではなくCではないかと?
> 一覧表がS1になってます

槍一覧も弓一覧も正常でしたけど、って器の一覧表だったんですね^^;
一覧表は多数あるので探しました…

ご指摘ありがとうございました。早速修正しておきますm(__)m

2016-10-04