戦国IXA攻略 ランカーへの近道!

【戦国ixaの攻略ブログ】合戦や内政の攻略、効率の良いレベル上げ、武将の育成方針に新武将のスキル性能や合成テーブル情報、スキル性能比較やおすすめ素材等を紹介。プレイ日記も交えながら毎日更新中!攻略Wikiと使い分けて情報を一早くチェック




【合戦】出城陥落や陣破壊への対策と保険

◆IXA 合戦攻略◆

陣寄せ中や合流に出しててコストが無い時に出城や本領に敵襲来ると結構焦りますよね^^;

防御ポイントが欲しい時なら余りコストで守ると思いますが
着弾時間の遅さと起点の距離からしてこの敵襲って合流攻撃だろうなぁと思ったら
無血でいいやと諦める事もあると思います。






ですが、そのまま無血ばかりだと損するかもしれません。


陥落


そもそも攻撃全部が合流とは限らないので、
攻める方も過去報告書をチェックして、城を守る人なのか、
居留守(※不在と見せかけて油断した所に部隊を仕込む)を使う人なのか確認し、

無血しかしない城だったり、過去に合流で落とした城だったら
合流を匂わせるような着弾時間で出陣して、相手の無血を誘いつつ
その攻撃の中身はノック無しでソロの器(破城などで)攻撃をしてくる事があったりします。

※戦功を稼ぎたい時は無血しかしない城を自分なら真っ先に狙います。



でも合流の可能性も捨てきれないから守りにくい場合もあるのは確かなので、
そんな時に低コストでも使えて器攻撃への対策兼保険にもなる

防剣豪(もしくは防振りで☆4~5の防御力の高い武将)の数名配備です。


※特に将扱いの剣豪(特:慶次や真壁、鬼庭など)ならHP回復が早いので使いやすいです。
各剣豪についてはこちら→『剣豪武将の考察と育成 【一覧表】


例:
陥落1

兵1でも良いし、合流だった時の為にキャップ防御削り用に少数の兵を配備するのもありかと。


これなら合流だった場合の被害を最小限に抑えられる保険になるし
もしソロの器攻撃だった場合の対策にもなります。



また、陣にしろ出城にしても、攻撃側は耐久力を削り切るための
必要最小兵しか積んでこない事もあるので、

たとえ敗北して貫通されても配備した部隊で相手に被害を与えれば
耐久削り切れずに生き残れる事も多々ある為、
単に無血にするよりは良いし、陥落までの時間稼ぎも出来ます。



これで得た時間で加勢を呼ぶなり、起点陣を潰すなり色々やれることもあるだろうし、
城や村を数か所落とす時間を得られるかもしれません^^