極武将 本多忠勝(2) 育成方針

  更新日:2016-03-06 | コメント(2)
◆戦国IXA 槍弓馬攻軍師 本多忠勝(2) 考察◆  ※11章対応へ加筆修正

                                         スポンサーリンク



極 本多忠勝
成長値攻撃:19防御:17兵法:2.5
特徴2015年 7月 排出停止

コスト3.5で兵数が3320と極の中でも最高峰。
スキルも槍弓馬に対応したコスト依存で性能は天クラス!

※2015年 3月 部隊スキル【東西無双】【葵の勇将】対応
スキル
性能
スキルLv10 蜻蛉切 
※上記の性能はコスト3.5になるので、コスト4なら【25-48%】
 用途◆攻撃・軍師運用◆ 

最も適正の高い赤備えで能力を発揮しやすく、
初期兵法値が510と高く軍師適正もあるので、
極の中では槍弓馬攻いずれで使っても有力軍師候補。

<11章から>
最大防御力の「足鉄」にも馬攻が弱くなったので、
次いで適正の高い弓騎馬で活躍させやすいかと。

また、槍弓兼用や槍馬兼用、弓馬兼用軍師も出来るので選択肢は多い。


◆合成素材◆

第三候補(繰り上げで第一候補に出来る)には
初期スキルの【飛将 蜻蛉切】 があり、

隠しスキル(S1)にはシクレ極『龍造寺』のスキル
【龍祖昇躍】もあるので、槍弓馬攻スキルの良素材にもなる。

スキルLv10 龍造寺氏くれ
個人的
感想
戦力としても素材としても魅力的だったけど、
登場から短い期間で排停になった惜しまれる武将。

<11章から>
既に馬攻仕様で育てていた場合は、
最大防御力の「足鉄」にも弱くなったので使い勝手は悪くなった。

※詳細な理由と赤備えの使い道はこちら↓
11章からの合戦で優先度の高い兵と相性再考察


それに合戦戦力としての馬攻は足鉄が配備され始めた事になると
10合流でも馬中心になってるとソロ相手にも負ける事が多々ありますので
以前ほどの活躍はもう見込めないと思った方が良いかもしれません。

なので、既に育成(ランクアップで適正振り)済みなら、
弓馬対スキルに付け替えて弓馬兼用にするものありなんじゃないかなと。

尚、【東西無双】に対応してますが、
相棒として期待してたコスト3.5の『立花宗茂(2)』は未だ未対応だし、
コスト2.5の『立花宗茂』ではちょっと物足りない部分も。

ただ、コスト2.5の宗茂なら弓攻でも活用出来るので、
極武将が主力の時期で、弓騎馬で部隊スキルを狙うのなら貴重かもしれません。
※どちらも排停でワールドによっては入手困難ですが・・・
ランク
アップ
◆弓上げ◆
11章から使うのなら弓メインにしておきたい。
弓SSSの後は弓騎馬適正を上げる為、馬上げになるので、
弓馬兼用にするつもりなら先に馬上げでも良いかと。

槍弓兼用なら槍上げで武士適正を上げる。

◆馬上げ◆
馬メインでいくならこちらから。
赤備え適正を上げる為に槍も上げる事になるので、槍馬兼用も可能。
ステ振り兵法成長率も良いので兵法振り。
追加
スキル
合成で使える費用は人それぞれ異なるし、
続々と強力な新スキルが追加されて来ているので、
その時の費用に見合ったスキルを以下の表から比較しつつ選んで付けたい。

おすすめ【弓攻スキル】必要な素材と性能比較:一覧
おすすめ【馬攻スキル】必要な素材と性能比較:一覧
おすすめ【槍攻スキル】必要な素材と性能比較:一覧
合成
テーブル
第一候補:【鬼刺】 
第二候補:【剛勇無双】 
第三候補:【飛将 蜻蛉切】 
S1隠し候補:【龍祖昇躍】
同一合成:【神将】


 



    ■最新記事一覧・トップページへ戻る   |  △ページ上部へ


    

戦国IXA 公式ガイドブック 破軍之書 購入特典カードは【破軍星】素材

公式ガイドブック
関連記事
コメント:
蒲生のトコロにもコメあったみたいですが、こちらもよかったらどうぞ^^
http://gyazo.com/b73f535ff720bcb808744c75f0cc7cc8

あと、S2は神将ですね
http://gyazo.com/37941afbaf86327bed42822e38a5d5ec
龍祖昇躍が候補に出るのは忠勝だけなんでこれでも伝わるかと?
【2015/03/07 15:54】 | テンコ #-
テンコ さん

重ね重ねありがとうございます!
早速今晩の記事に使わさせて頂きますね^^

にしても、金くじ運凄すぎです!w
自分じゃ全く引ける気がしません・・・w
【2015/03/08 00:00】 | 影武者@管理人 #-
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
送信する前に以下の内容をご確認下さい。
・コメントの内容が英数字でが95%以上になるとスパム判定になってしまうので、お気を付けください。
【連絡】コメントで頂ける情報へのお願いとお詫び



   ■トップページへ戻る   |  ↑ページ上部へ