【日記】槍防専門から馬防へ華麗なる転身・・・の途中 Episode2「名人背水」

   2016-07-02 00:12 | コメント(4)
さて、白くじが値上がりする前にスキル合わせの序素材集めてたんですが、
スキル強化用に上武将も残してたらカード枠がパンパンに・・・w

<関連記事>
【日記】7月のメンテ前にやっておきたい事


でも、もう少し【堅守】と【進撃】素材を確保しておきたいので、
先日もスキル強化で少し上武将を消費しつつ白くじを引いていたら・・・

                                         スポンサーリンク





合成 信之3 白くじ

そう、こういうの待ってたんです(*´ω`*)


これで馬防へ転身中の『真田信之』へ追加合成の続きが出来る^^

<前回のあらすじ>
【日記】槍防専門から馬防へ華麗なる転身・・・の途中w



あれから考えた末、スキルLvも10にしたので志能備使ってステ振り直しを実行し、

合成 信之1

スキル合わせして、狙うスキルはこの2つ。


長槍で使う機会はもうないかもしれませんが、一応槍馬対応にしておきたいなぁと。


堀 名人Lv10 スキル 背水之陣Lv10


普通に第一候補の【名人】で良いね^^


白くじから丁度欲しかった素材を引きあてて合成しろといわんばかりのこの流れは・・・








つまりはそう!


















合成 信之2

失敗(´;ω;`)ウゥゥ



ここは成功しても良い流れじゃないのぉ・・・

やはり世の中そうそう甘くない^^;


で、ここの所合成失敗続きもあって、気が付けば

天下くじ

また、天下くじ1枚引けるまで溜まってました・・・w


合成失敗ばかりで片鱗が溜まる事を悲しむべきなのか、それとも天下くじを引ける事を喜ぶべきなのか^^;


戦くじの確変終わったけど、明日かまた近いうちにもう1回天下くじ引いてみようと思います。

これに懲りてまた11連敗の天上に戻すのか、それとも天下の味を覚えるのか・・・さてはてw


 



    ■最新記事一覧・トップページへ戻る   |  △ページ上部へ


       このエントリーをはてなブックマークに追加
   

戦国IXA 公式ガイドブック 破軍之書 購入特典カードは【破軍星】素材

公式ガイドブック
関連記事

コメント:
いつも拝見してします。
天上11連敗でめげちゃいけませんよ。
ただいま、天上くじ50連敗中(4年以上何も出てない)。
リセットごとに5回以上引いては惨敗。語句の質さらに低下し、Y氏クラスが8割になってきてます。偏りとはよく言ったものですw
【2016/07/02 02:05】 | 名無し #-
昨日のツイッターほんとですか
【2016/07/02 13:14】 | Ixa #-
> いつも拝見してします。
> 天上11連敗でめげちゃいけませんよ。
> ただいま、天上くじ50連敗中(4年以上何も出てない)。
> リセットごとに5回以上引いては惨敗。語句の質さらに低下し、Y氏クラスが8割になってきてます。偏りとはよく言ったものですw

ご愛顧ありがとうございます^^


ま、まじですか・・・天上から4年以上も天無しはキツイ><

TDとか銅銭系武将が排出されてた時期なら天上からの極でも楽しみがあったんですけど、
長年続けてると、極で欲しい武将が少なくなりますもんね・・・
【2016/07/02 17:21】 | 影武者@管理人 #9YF42GeU
> 昨日のツイッターほんとですか

昨日は全く身に覚えのない事で絡まれて何かと思いましたよ^^;

一連の流れは昨日のTwitter→https://twitter.com/Kirucheis/status/748828961598124033
でフォロワーさんに教えて貰って解決したんですが、

その方は先日の課金についてコメントした記事(http://ixagno.blog.fc2.com/blog-entry-4344.html)を
削除してほしかったらしく、Twitter上の発言を取り消してほしければ10分以内に記事を削除しろと
アカウント乗っ取りしてまで脅して来たんです。

とりあえず通報はしておいたんですが、乗っ取られた方の友人さんが指摘して本人さんが気付いたのか
その部分は削除されてんですけど、手の込んだことをされました^^;
【2016/07/02 17:43】 | 影武者@管理人 #9YF42GeU
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
送信する前に以下の内容をご確認下さい。
・コメントの内容が英数字でが95%以上になるとスパム判定になってしまうので、お気を付けください。
【連絡】コメントで頂ける情報へのお願いとお詫び



   ■トップページへ戻る   |  ↑ページ上部へ