上杉景勝(3)【天】 育成方針

   2016-06-18 01:15 | コメント(2)
◆天武将 評価考察と合成テーブル 上杉景勝(3)◆

                                         スポンサーリンク



天 上杉景勝(3)
成長値攻撃:24防御:23兵法:2.5
特徴100%発動の槍馬器攻速破壊アップのスキルを持つ。
スキル
性能
毘天Lv10
用途◆攻撃運用◆ 

最も適正の高い赤備えで能力を発揮しますが、
11章以降、馬攻が最大防御力の「足鉄」にも相性が悪くなって
活躍の場が減って使いにくくなっている為、
槍馬兼用にして槍攻としての選択肢があると良いかもしれません。


◆合成素材◆

初期スキルも移植可能でしたが、
S1からは速度スキル最高峰の【天焉神軍】が狙える。

スキル 天焉神軍Lv10  
個人的
感想
スキルには速度アップの効果もあるので
速度の遅い武士や器(攻城櫓)でも使い易くなるし、
合流の時間調整や赤備え使用時の影討伐でも重宝しそう。

尚、12章からは精鋭騎馬と同じ攻撃力(18)があって、破壊値が高く、
兵科相性を気にしなくて良い「攻城櫓」での運用も選択肢に。

まぁ器攻対応のスキル持ちで部隊を組めればですが・・・

<運用兵科について>
速度スキル+破壊100%発動は非常に魅力的なんですが、
限界突破しても武士適正はSSS(最大)に出来ないし、
完全に器に特化させるのもなんか違う気もするから
正直、育成ではちょっと悩みそう。

個人的には無難に槍馬兼用で、武士での合流要員にしつつ
赤備えで影討伐時の加速用に使う事になりそうかな。

※影陣が2列目以降と結構後ろの方になることが多いので、
時間が間に合わない時や、遅すぎる時があるから。
ランク
アップ
◆槍上げ◆
槍をメインにするならまずはこれから。槍SSSの後は
武士重視なら弓上げ、槍馬兼用なら馬上げ。

槍馬兼用なら先に馬上げからでも良いかと。
ステ振り◆兵法振りの理由◆

強力なスキルの発動率底上げを望む場合や
部隊スキル込みの部隊内に配備する際は
部隊全体のスキル発動率アップで部隊スキル発動時の恩恵を高めれるし、

藤堂など銅銭関係の武将を部隊内に加える可能性もあるなら
少しでもスキル発動率を高めたくなるので兵法を高めて損はないかと。


◆攻撃振りの理由◆

攻撃成長率が24と非常に高いので、追加スキルや武将の組み合わせ次第では
攻撃振りの方が期待値が高くなる可能性が高い。

特に部隊内に100%発動のスキルが多い速度部隊での運用が多くなったり、
兵法成長【3】の軍師が居るのなら、攻撃振りで安定させたい。
追加
スキル
続々と新しい強スキルが追加されてますし、
合成で使える費用は人それぞれ異なるので
費用に見合ったスキルを以下の表から比較しつつ選んで付けたい。

おすすめ【槍攻スキル】必要な素材と性能比較:一覧
おすすめ【馬攻スキル】必要な素材と性能比較:一覧
おすすめ【速度スキル】必要な素材と性能比較:一覧
【武功浄財】【遁世影武者】【攻城の妙技】など追加合成に必要な素材:一覧
【覇王征軍】【破軍星】【騎神】等の天クラスのスキル素材作成が可能な武将
スキル
テーブル
第一候補【迅速行軍
第二候補【義龍双乱撃
第三候補【毘天雪崩戟
S1候補 【天焉神軍神
S2候補 【騎神】 ※同一合成


 



    ■最新記事一覧・トップページへ戻る   |  △ページ上部へ


       このエントリーをはてなブックマークに追加
   

戦国IXA 公式ガイドブック 破軍之書 購入特典カードは【破軍星】素材

公式ガイドブック
関連記事
コメント:
器攻ですが、槍弓馬の防御力を80%にする効果があるので、攻城櫓の攻撃力は実質18→22.5となり、精鋭騎馬どころか赤備えを上回っています。さらには相性がないので、防御力の増大もない。研究費用も安く、武将をそろえられたら序盤はかなり強力になるんですが、いかんせんスキルが難しいですね。
【2016/06/19 11:49】 | 通りすがり #-
> 器攻ですが、槍弓馬の防御力を80%にする効果があるので、攻城櫓の攻撃力は実質18→22.5となり、精鋭騎馬どころか赤備えを上回っています。さらには相性がないので、防御力の増大もない。研究費用も安く、武将をそろえられたら序盤はかなり強力になるんですが、いかんせんスキルが難しいですね。

その通りなんですよね~
移植可能な強力な器攻スキルが今後追加されれば・・・といった所しょうか。
【2016/06/20 00:08】 | 影武者@管理人 #9YF42GeU
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
送信する前に以下の内容をご確認下さい。
・コメントの内容が英数字でが95%以上になるとスパム判定になってしまうので、お気を付けください。
【連絡】コメントで頂ける情報へのお願いとお詫び



   ■トップページへ戻る   |  ↑ページ上部へ