宇喜多秀家(2)【天】スキルLv10判明 合成テーブル追記 ※画像有

   2016-05-22 00:02 | コメント(10)
◆IXA 12章 新天 宇喜多秀家(2) 画像有り◆

<合成テーブル追記>

天 宇喜多秀家

コスト2.5の全攻スキル持ちで、そのスキル性能はかなり極端な性能になってました。


                                         スポンサーリンク





<スキル性能>
鷹舞LV10 赤線

発動率低くっ!w でも【全攻70%上昇】強っ!w

兵士被害数も減る特殊効果付きでしたが、5%なのでおまけ程度な感じに。
合流全部隊に効果があったらかなり強烈ですけどね^^;


※補足:類似効果のスキルを持つ極『下間頼廉』のスキルの説明文と同じですが、

極 下間頼廉

この特殊効果と同じなら、確か本人の部隊のみの効果だったと思います。



※コメントにて情報(画像)を頂けたので追記

<合成テーブル>
天 宇喜多秀家 S


<S1とS2>

画像では確認出来てないので確定情報ではありませんが、
5/22の時点でのwikiでは以下の情報がアップされてましたので参考までに。

S1:覇王征軍
S2:八重言代主神


 



    ■最新記事一覧・トップページへ戻る   |  △ページ上部へ


       このエントリーをはてなブックマークに追加
   

戦国IXA 公式ガイドブック 破軍之書 購入特典カードは【破軍星】素材

公式ガイドブック
関連記事
コメント:
【2016/05/18 19:53】 | たん太郎 #CWzZIEA. | [edit]
【2016/05/18 19:55】 | たん太郎 #CWzZIEA. | [edit]
もしかして合流全部隊の兵士被害軽減?
【2016/05/18 19:58】 | 名無し #- | [edit]
> もしかして合流全部隊の兵士被害軽減?

確かに気になるところですよね。本文に補足で追記しておきました^^
【2016/05/18 20:19】 | 影武者@管理人 #- | [edit]
スキルがとがっていますが 2.5コスで兵数は3.5コス極クラスと正直微妙かと思っていました
が 強襲用部隊を考えると2.5コスは重宝するのかな?
βテストのときは一切使わなかったので使い勝手はわからないのですが^^;
【2016/05/20 23:14】 | デニッシュ #- | [edit]
デニッシュ さん

こんばんは^^

悔やまれる事にβテストのときは用事があって参加できなかったんです><
実際使ってないので何とも言えませんが、一人合流でも重宝しそうだし、強襲用にもよさそうですね^^

12章の合戦が始まった後、なるべく考えをまとめて育成方針で記事にできたらと思います!
【2016/05/20 23:40】 | 影武者@管理人 #- | [edit]
偶にはご協力~というか出たので・・・
https://gyazo.com/6f0de51a30d18fe0bc4bc5245fe65db9

S1は不明です。申し訳ない><
【2016/05/21 04:31】 | いつも見てます。 #- | [edit]
いつも見てます。 さん

おお!貴重な情報(画像)ありがとうございます!
早速記事に活用させて頂きますね^^

また何かわかった事などがありましたら、宜しくおねがいしますm(_ _)m
【2016/05/21 23:44】 | 影武者@管理人 #- | [edit]
S2は残念ながら無理デスが・・・S1

https://gyazo.com/82cf5555ba545334d44ec2151fa5460e

ではでは~
【2016/05/25 04:25】 | いつも見てます。 #- | [edit]
> S2は残念ながら無理デスが・・・S1
>
> https://gyazo.com/82cf5555ba545334d44ec2151fa5460e
>
> ではでは~


いつも見てます。 さん

情報(画像)ありがとうございます^^

頂いた画像を確認させて頂いたんですが、
添付ミスかもですけどこれはS1じゃなくて、通常テーブルではないでしょうか^^;

通常テーブルは既に確認済みになってますので、
それ以外でまた何かわかった事などがありましたら、宜しくおねがいしますm(_ _)m
【2016/05/25 23:34】 | 影武者@管理人 #- | [edit]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
送信する前に以下の内容をご確認下さい。
・コメントの内容が英数字でが95%以上になるとスパム判定になってしまうので、お気を付けください。
【連絡】コメントで頂ける情報へのお願いとお詫び



   ■トップページへ戻る   |  ↑ページ上部へ