島津義久(3)【天】 育成方針

   2016-05-30 02:14 | コメント(0)
◆IXA 天武将 評価と考察 島津義久(3)◆ ※12章対応へ加筆修正
                                         スポンサーリンク



天 島津義久
成長値攻撃:21防御:18兵法:2.5
特徴合流攻撃時に効果2倍となる槍砲対応スキルを持つ天武将。

※部隊スキル【薩摩隼人】対応
スキル
性能
天 島津義久Lv10
用途◆攻撃運用◆ 

スキルの効果を発揮させる為にも合流専門武将として使いたい。

運用兵科については、
「足鉄」(又は雑賀衆)メインで「武士」との槍砲兼用か
「焙烙」運用で能力を発揮しやすい。



◆合成素材◆

初期スキルの【煉獄天焦】も移植可能で、
旧天『島津義久(2)』のスキル『繰抜十字紋』も同時に狙える。

しかも隠しスキルには合成専用スキルの【覇王征軍】もあるので
下準備をすれば3つの砲対応の天スキルが並ぶ素材に。

天 島津義久Lv10 2 スキル 覇王征軍Lv10
個人的
感想
<12章から>
鈍足だった足鉄も、12章から速度アップで焙烙と同じ移動速度になるし、
馬防の戦力が整ってる人も増えてますので、
馬防対策として槍攻として育てても良いし、焙烙攻が不足しているのなら
弓攻仕様で育てると思います。

尚、スキルは槍にも対応しているので、
足鉄仕様での育成なら槍適正が上がってるので槍砲兼用が可能だし、
焙烙仕様の適正振りでも弓がSSSになるので武士も使えるから
どちらで育てても砲導入前から合戦に投入し易いのはありがたい^^

ただ、槍砲対応スキルとなると追加スキルの選択肢が狭まるので
焙烙運用させるのならスキルは砲に特化させた方が良いかもしれません。

個人的には焙烙攻の部隊は11章で整えたので、
12章からは「雑賀衆」にも対応出来て、序盤では長槍も扱える
足鉄メインの槍砲兼用仕様で育てたいかな。
ランク
アップ
◆器上げ◆
砲攻メインで使うならこちらから。
器SSSの後、足鉄メインなら槍、焙烙なら弓上げ。
ステ振り軍師不在だったり、強力なスキルの発動率底上げを望む場合や
部隊内の武将が全体的に発動率の低いスキルだったなら兵法振り。

又、部隊スキルの効果は乗算になるので、全体のスキル発動率を高めておけば
恩恵を受けやすくなる可能性が高まる。

※部隊スキルの詳細はこちら

ただ、攻撃成長率が21と高いので、部隊の組み合わせや
追加スキル次第では攻振りの方が期待値が高くなる場合も。
追加
スキル
同一合成からは【破軍星】 【覇王征軍】という
物凄いスキルが並ぶので狙ってみたいけど、
合成で使える費用は人それぞれ異なるので
費用に見合ったスキルを比較しつつ選んで付けたい所。

おすすめ【砲攻スキル】必要な素材と性能比較:一覧 ※槍砲対応スキル含む
合成
テーブル
第一候補【剛勇無双
第二候補【繰抜十字紋
第三候補【煉獄天焦
S1候補 【覇王征軍
S2候補 【
破軍星】 ※同一合成


 



    ■最新記事一覧・トップページへ戻る   |  △ページ上部へ


       このエントリーをはてなブックマークに追加
   

2月2日発売 戦国IXA 公式ガイドブック 破軍之書 購入特典カードは【破軍星】素材

   
関連記事
コメント:
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
【連絡】コメントで頂ける情報へのお願いとお詫び



   ■トップページへ戻る   |  ↑ページ上部へ