極武将 甲斐宗運 育成方針

   2016-02-20 00:02 | コメント(2)
◆戦国IXA 甲斐宗運 考察 2015年 9月追加◆ ※11章対応へ加筆修正
                                         スポンサーリンク



極 甲斐宗運
成長値攻撃:17防御:18兵法:2.0
特徴コスト2.5で槍弓馬防対応のスキルを持つ。
11章になって良い方へ評価が変わった武将の一人。
スキル
性能
甲斐宗運Lv10
用途◆防御運用◆ 

槍弓馬どれも適正がAと高く、スキルも3兵科に対応しているので、
これらの兵科ならどれでも能力を発揮出来る。

<11章から>
最大防御力の「足軽鉄砲」が槍防の括りになったので、
槍防に対する弓攻(特に焙烙)が重要になり、
その弓攻対策として馬防の重要性が高まったので、
馬防が不足してるなら馬防で育成したい。

槍防が不足してるのなら槍防にするのもありだし、
槍馬兼用も可能ですが、守る際は槍と馬防別々で部隊を組むから
兼用にしても結局片方でしか使えない場合が多くなると思うので、
どちらか1兵科に特化した方が良いかもしれません。


◆合成素材◆

槍弓馬対応スキル【名人】【不動の荒神】素材になる。
個人的
感想
戦くじからも排出されるので購入ではなく、自力で引き当てたい武将の一人。

<11章から>
馬防最大防御力の「騎馬鉄砲」は学舎Lv5からと最後になってしまうので、
学舎Lv3から研究可能となる弓攻の「焙烙火矢」対策で配備が間に合わない為、
「精鋭騎馬」か上級兵の「赤備え」部隊が必要になってます。

その為、騎鉄以外でも使える馬防部隊の中で、
コスト2.5以下の極武将はまだ候補者が多くない為、戦力候補に。

また、11章に入っても主力武将の多くは赤備え、騎鉄の馬攻が多く、
弓攻や槍攻部隊を育て上げている人はまだ少ない事もあって、
実際の合戦でも中盤までは馬攻(主に赤備え)での
合流が大半を占めていたので、弓防での運用は除外して良いかと。

尚、槍防に関しては使いやすい優秀な極武将が他に沢山居るので、
この『甲斐宗運』に関しては馬防に専念させて良いと思うのですが、
優秀な馬防スキルは槍にも対応してるものが多いので、
意図してなくても槍馬対応スキルを付けて自然に槍馬対応型になるかも。
ランク
アップ
◆馬上げ◆
馬防メインならこちらから。初級中級兵時代から使いやすくなる。
馬SSSの後は赤備え適正アップの為、槍上げに。

◆槍上げ◆
槍全般はもちろん、赤備えにも対応するので槍馬兼用も可能。
ステ振り兵法成長率は平凡なので防御振りで実指揮数の上乗せを。
追加
スキル
余裕があるなら同一合成で【騎射 狭間矢】を狙ってみたい所ですが、
続々と強力な新スキルも追加されてきているので、
その時の費用に見合ったスキルを以下の表から比較しつつ選んで付けたい。

スキル性能の比較はこれら↓を参照
おすすめ【槍防スキル】必要な素材と性能比較:一覧
おすすめ【馬防スキル】必要な素材と性能比較:一覧
おすすめ【加勢向きスキル】必要な素材と性能比較:一覧
合成
テーブル
第一候補【城破り
第二候補【鉄壁の備え
第三候補【名人
S1候補 【不動の荒神
S2候補 【騎射 狭間矢】 ※同一合成


 



    ■最新記事一覧・トップページへ戻る   |  △ページ上部へ


       このエントリーをはてなブックマークに追加
   

2月2日発売 戦国IXA 公式ガイドブック 破軍之書 購入特典カードは【破軍星】素材

   
関連記事
コメント:
おばんです^^

今日戦くじから出ました
コストが微妙なので売ろうと思いましたが相場が低すぎなので
小見の方と相良武任のS1をなんとか追加し馬防で使おうかと
検討中です^^;
【2015/09/14 21:15】 | 艮斎 #- | [edit]
艮斎 さん

こばわ~^^

奇遇ですね~
実は自分も今日くじから引いた所ですよw

※今晩記事にする予定なので詳細はそちらで^^
【2015/09/14 23:05】 | 影武者@管理人 #- | [edit]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
【連絡】コメントで頂ける情報へのお願いとお詫び



   ■トップページへ戻る   |  ↑ページ上部へ