おすすめ特武将 相良武任 育成方針

   2015-09-08 01:05 | コメント(4)
◆戦国IXA 2015年 9月追加 相良武任 考察◆
                                         スポンサーリンク



特 相良
成長値攻撃:15防御:18兵法:2.0
特徴自領以外の加勢系スキルでは初の「効果3倍」の特殊スキルを持つ。
また、加勢用のスキル素材としても優秀。
スキル
Lv10の
性能
特 相良 Lv10
用途◆防御運用◆

スキルが槍弓馬対応で武士や弓騎馬適正も高い為、
運用兵科の選択肢は多いし、槍弓兼用もし易いですが、
特殊効果のスキルがあるので加勢で使ってこそ真価を発揮する。

最も適性の高いのは弓になるので弓専で運用する、
もしくは、武士で使えば弓適性も無駄にならないので、
今でも合流で多用される馬攻(赤備え)対策で
加勢用の槍防も使いやすいと思います。
個人的
感想
「効果3倍」になれば槍弓馬防が66%上昇にもなるので
使うのなら加勢で運用させたい所ですが、
加勢専門部隊だと折角コストを無視出来るから
コスト2を使うのは勿体無いと思ってしまう・・・

それでも加勢で使えば天スキルを凌駕する性能になる為、
通常部隊での加勢用にしても良いし、そのまま加専での運用もありかと。

戦くじから排出される武将なので、もしくじから入手したら
自身、加勢武将の育成に比重を置いて無いため、
一からこの武将を育てて使うよりは、
元々加勢専門部隊で使ってる高コストの武将へ
【空蝉】移植用の素材として使うか、
需要のある内(相場が下がる前)に売却すると思います。

加勢を重要視するかどうかでも価値が変わって来そうな武将ですね。
ランク
アップ
◆槍上げ◆
槍メインにする場合はこちら。
赤備え適正も上がるので槍馬兼用も可能。

◆弓上げ◆
メインの弓はもちろん武士にも対応可能なので、
槍弓兼用の場合はこちらから上げても良い。

弓適正SSS後は武士の補正アップのために槍上げですが、
完全に弓メインならの次は馬上げで弓騎馬適正を上げたい。
ステ振り防御振りで安定した実指揮兵数の上乗せにしたい。
追加
スキル
槍防なら【槍陣の極み】【槍隊円陣】【槍衾】
弓防なら【弓陣の極み】【弓隊円陣】【矢雨備え】【土壁の術】
馬防なら【騎馬隊円陣】【弓馬構え】など

加勢用なら【老練ノ伏兵】【虞美人草】 【仁義八行】など
槍馬兼用なら【甲斐の猛牛】【楔外交】【千樹挟撃陣】
槍弓兼用なら【房州の意地】【甲斐の猛牛】【七槍の極】などが候補に。

スキル性能の比較はこれら↓を参照
・『おすすめ【槍防スキル】必要な素材と性能比較:一覧
・『おすすめ【弓防スキル】必要な素材と性能比較:一覧
・『おすすめ【馬防スキル】必要な素材と性能比較:一覧
・『おすすめ【加勢向きスキル】必要な素材と性能比較:一覧
スキル
テーブル
第一候補【弓隊堅陣
第二候補【
鉄壁の備え
第三候補【
黄道援兵】
S1候補 【空蝉
S2候補 【
名人】 ※同一合成

スキルテーブルの画像はこちら↓の記事より確認出来ます。
特『相良武任』スキルLv10と合成テーブル判明



 



    ■最新記事一覧・トップページへ戻る   |  △ページ上部へ


       このエントリーをはてなブックマークに追加
   

戦国IXA 公式ガイドブック 破軍之書 購入特典カードは【破軍星】素材

公式ガイドブック
関連記事
コメント:
ばんわ^^

私の中でのスキル追加候補は
 ①柳眉倒豎②葵使
ですね(^-^)/

ただし入手出来て追加成功出来るのならばですが…(^^;
【2015/09/08 03:47】 | 艮斎 #- | [edit]
艮斎 さん

こばわ^^

そういえばこの武将が登場して移植可能と分かった際に
加勢スキルを別枠にて一覧表作成しようとしてたのを思い出しましたw

作成後はスキル追加候補へ加筆しておこうと思います^^
早速今晩にでも作成に取り掛かってみますね。
【2015/09/08 19:12】 | 影武者@管理人 #- | [edit]
これを今井部隊の誰かにつけたらえらいことになりそうだね
【2016/03/20 21:47】 | 名無し #Wn.2/1uk | [edit]
> これを今井部隊の誰かにつけたらえらいことになりそうだね

確かに今井持ってると色々と選択肢が多くなりそうで迷いそうですよね
自分にはシクレとは縁がないので想定外の武将だったりしますが・・・w
【2016/03/21 00:49】 | 影武者@管理人 #- | [edit]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
【連絡】コメントで頂ける情報へのお願いとお詫び



   ■トップページへ戻る   |  ↑ページ上部へ