おすすめ極武将 小早川隆景(2) 育成方針

   2015-05-23 00:41 | コメント(2)
◆戦国IXA 小早川隆景 考察◆ <排出期間 2015年4月~7月まで> 

                                         スポンサーリンク



極 小早川
成長値攻撃:19防御:19兵法:2.5
特徴軍師適正が高く、スキル発動率をアップさせる特殊スキルを持つ。
スキルの効果により、攻防どちらでも運用が可能な限定武将。
スキル
性能

※Wiki
より抜粋
極 小早川 LV10
用途◆攻撃軍師運用◆ 

コスト3.5で指揮兵数も多く、弓騎馬の性能アップにより
最も適性の高い弓騎馬で活躍が期待出来る軍師候補。

また、焙烙の性能も若干ながらアップするので
弓適正Sを活かして砲攻(焙烙用)として育成したり、
弓砲兼用で運用するのもありかと。

後は部隊スキル【毛利両川】対応するかどうかによっても
運用兵科や用途が変わってくるかもしれません。


◆防御軍師運用◆

攻撃運用時と同様、弓騎馬と焙烙で能力を発揮。
弓防で使うにはコスト3.5は重く感じるので、
使うのなら砲防(主に焙烙)に特化するのが無難。

一応弓防でも加勢専門として使いやすいので
弓砲防兼用も悪く無いですが、追加スキルの選択肢は狭くなる。



◆合成素材◆

第二候補に【捨て奸】、第三候補は【早合組撃ち】と
優秀な弓砲防素材になる。

また、S1からは天秀吉(2)の持つスキル【太閤の威光】も狙えますが、
これは破壊重視だし、そこまで性能は高くないので
期間限定武将を溶かしてまで狙うのは勿体無い。
個人的
感想
個人的には低発動率、高火力タイプのスキルよりも
発動率も高い安定したスキルが好みですけど、
部隊ランクボーナスでスキル発動率の補正もあるし
初期スキルは火力アップが一切なく、
単にスキル発動率アップ(将限定)だけなので、好みが分かれそうです。


運用については、焙烙なら攻防どちらでも運用が可能になりますが、
現状攻防一体スキルは数が限られるので
現時点では攻防兼用として育成するのは厳しい。

攻撃重視か防御重視かでも用途は変わってきそうですが、
どちらかに特化して運用するのが無難だと思います。


一応速度スキルなどを付ければ足の速い加勢兼、
攻撃兼用も出来そうですけど、中途半端になるからおすすめはしません。
ランク
アップ
◆弓上げ◆
弓全般はもちろん、焙烙や武士にも対応する。

弓SSSになった後は弓騎馬重視なら補正アップのために馬上げ。
焙烙重視なら器上げ。

◆器上げ◆
騎鉄、焙烙、足鉄と砲に特化する場合はこちらから。
ステ振り兵法成長率が高いので兵法振りが無難。
追加
スキル
■攻撃仕様■

弓攻特化なら【弓隊剛撃】【挟撃】【槍弓猛襲】
弓砲兼用なら【車懸り】【弓砲鱗撃】【不屈の名士】など
砲攻特化なら【三段撃 烈火】【鉄砲隊剛撃】など

その他のスキルの性能比較はこちら↓を参照
・『おすすめ【砲攻スキル】必要な素材と性能比較:一覧

■防御仕様■

弓砲兼用なら【弓砲方陣】【弾幕防壁陣】【組撃ち】【忠の八犬士
槍弓砲対応なら【花舜妙香】【龍胆一太刀】などが候補に。

砲専門に仕上げるなら
【鉄砲隊円陣】【釣瓶撃ち】【◯砲方陣】【智の八犬士】
資金に余裕があるなら【砲陣の極み】【八咫烏】【返り忠】も候補に。

※スキル比較はこちらを参照
おすすめ【砲防スキル】必要な素材と性能比較:一覧
合成
テーブル
第一候補【三矢の神技
第二候補【捨て奸
第三候補【早合組撃ち
S1候補 【太閤の威光
S2候補 【???】 ※同一合成


 



    ■最新記事一覧・トップページへ戻る   |  △ページ上部へ


       このエントリーをはてなブックマークに追加
   

戦国IXA 公式ガイドブック 破軍之書 購入特典カードは【破軍星】素材

公式ガイドブック
関連記事
コメント:
両川好きとしては欲しいけど弓の仕様変更で旧小早川も輝けるかもしれないので買うかどうか悩むw
【2015/05/23 18:47】 | とおりすがり #-
とおりすがり さん

こっちの小早川は部隊スキルが対応するかどうかも不明なので、判明するまで待っても良いかと。
対応すると思った武将が対応しなかったという例も結構ありますしね^^;

ただ、期間限定排出だから近いうちに排停になるから悩ましい所ですが・・・
まぁ期間限定は高いので自分はとても手が出せませんけどw
【2015/05/23 23:28】 | 影武者@管理人 #-
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
送信する前に以下の内容をご確認下さい。
・コメントの内容が英数字でが95%以上になるとスパム判定になってしまうので、お気を付けください。
【連絡】コメントで頂ける情報へのお願いとお詫び



   ■トップページへ戻る   |  ↑ページ上部へ