【感想】新章のアップデート内容が一部判明 恐れていた事もあったけど・・・

   2015-05-02 02:06 | コメント(2)
特設ページはまだ公開されてなかったので、まだ一部のみの判明でしたが、
やっと新章のアップデート内容が公開されました。

<公式サイトより>
2015年05月01日 【5月18日】新たな舞台開幕!!


                                         スポンサーリンク





現在は魅力的な天が少なかったので、
天下チケを消費せずに待ってた新天の追加と入れ替え!

【大殿入れ替え】
「織田信長」「雑賀孫市」「武田信玄」「上杉謙信」「毛利元就」
「浅井長政」「北条氏康」「大友宗麟」「最上義光」が

柴田勝家」「島津義久」「前田利家」「上杉景勝」「毛利輝元」「伊達政宗」
北条氏政」「豊臣秀吉」「龍造寺隆信」に入れ替わります!

※新しく天になる武将は赤文字にしてみました。


先月、極で登場したばかりの『龍造寺』までもが天化とは予想外でしたが、
新しい天の登場で、既に登場済みの極『前田利家』や『柴田勝家』『北条氏政』などは
相場が変動しそうな感じです。


しかし、またもや贔屓にしてた武田家滅亡かぁ・・・><
受け皿だった真田家も無いし、露頭に迷いそうです・・・w



【合戦仕様の改善】
①出城作成時に豪族砦が選択可能に!
 出城作成時に、合戦状況画面の勢力図から任意の豪族砦を選択して、
 その周囲に出城を出すことができるようになります。



<感想>
一部の砦周辺の出城がもぐら叩き状態になる事への対策になると良いな。

しかも任意の砦へ出せるということは、影武者出現時を狙えば1回だけ影狩りが簡単になりそう。
まぁ影武者出現砦の周りは既に出城一杯で
埋まってる可能性も高いので、後出しリスクはありそうですがw



②盟主城陥落による合戦報酬の変更
 攻撃国は、防御国上位5同盟の盟主城を全て陥落させられれば、合戦報酬の銅銭が3倍に!
 防衛国は、防御国上位5同盟の盟主城のうち、一つでも守り切れれば、
 合戦報酬の銅銭が2倍になります。




<感想>
こういうのは上位同盟の盟主戦も増えて楽しそう^^

他力本願になりそうですけど・・・w



【自部隊の同時攻撃】
通常攻撃時に限り、自分の部隊を2部隊まで選択して、同時攻撃を行うことができるようになります。
同時攻撃は合流攻撃同様、一回の攻撃としてカウントされ、攻撃力なども合計されます。
自部隊での同時攻撃を行う際は、選択した部隊の中で、
最も速度の遅い部隊の速度で攻撃時間が決まります。

※自部隊の同時攻撃は、2部隊で且つ合計30コスト以下まででしか出陣できません。
※自部隊の同時攻撃は、同時攻撃に参加した2部隊の総コスト分の名声を消費します。




<感想>
危惧していた1人合流がやっぱり導入されてしまうようです(´Д⊂グスン

でも一応コスト30以下までや名声の消費など、
一定の制限が掛かっているので最悪の状態は免れそうだし、
案外、やってみたら面白い仕様に・・・と感じれたらいいなぁ



あとはやっぱりこれでしょう!

①兵士能力のバランス調整
 「鉄砲足軽」「大筒兵」以外の兵士の能力についてバランス調整を行います。
 また、全兵種の兵士訓練にかかる必要素材数や訓練時間の調整を行います。




<感想>
「足鉄」はそのままを維持するみたいですが、
そうなると立場的に「焙烙」の用途が変化するかも気になりますね^^;

弱体化するのかそれとも、攻撃か防御どちらかに寄るのか。

あとはこれまでの主力だった「騎鉄」と「赤備え」の調整と
槍や弓、そして3すくみのバランスがどういった感じになるのか楽しみであり不安でもあり・・・w


 



    ■最新記事一覧・トップページへ戻る   |  △ページ上部へ


       このエントリーをはてなブックマークに追加
   

2月2日発売 戦国IXA 公式ガイドブック 破軍之書 購入特典カードは【破軍星】素材

   
関連記事
コメント:
一人同時攻撃について
一人同時攻撃ですが、あれは梶原さんのスキルは適用されるのか気になります。

あくまでも、「同時攻撃(合流攻撃同様の~)」というものなので、別物として扱われるのか?
【2015/05/03 09:01】 | ネコミミセオ #- | [edit]
Re: 一人同時攻撃について
ネコミミセオ さん

そうなんですよね~

極滝川の記事の時にも自分も思ったので少し触れてましたが、
新仕様次第では武将の扱いが変わってきそうですね^^;
【2015/05/04 07:30】 | 影武者@管理人 #- | [edit]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
【連絡】コメントで頂ける情報へのお願いとお詫び



   ■トップページへ戻る   |  ↑ページ上部へ