極武将 南部晴政 育成方針

   2016-02-29 00:44 | コメント(2)
◆戦国IXA 速度 南部晴政 用途考察◆ 11章対応へ加筆修正
                                         スポンサーリンク



極 南部
成長値攻撃:19防御:17兵法:2.0
特徴戦くじからやたらと現れる武将の一人。※個人的見解
同一合成に成功したら【神速】素材として使える。
スキル
性能
スキルLv10 南部
用途◆売却かスキル強化素材◆ 

一定の時間帯限定でのみ速度武将としての使い道があるけど
それだったら常に発動する速度武将を使う方いつでも使えて確実。
なので、10章までは売るかスキル強化素材として扱ってましたが・・・

<11章から>
スキル強化の仕様変更もあって、極を素材にしなくても
レベルを上げた上武将だけでも十分になったので、
合成失敗狙いで天下の片鱗3枚交換要員と思うのもありかと。


◆合成素材◆

同一合成から狙える【神速】の追加に成功したら

スキル 神速Lv10 
そこから【神速】素材として使えるようになるので、
メインの速度武将への素材へあてがう事も可能。
 
その他の同一合成から作成する天クラスの素材はこちら↓
【覇王征軍】【破軍星】【騎神】等の合成素材作成が可能な武将
個人的
感想
主なプレイ時間帯が丁度夜になっているのなら別ですが、
スキルが20~翌02時までしか効果がないので正直扱いにくい。

個人的に戦くじからやたらと排出される3大極武将の一人になってますし、
ハズレ武将要員といった所でしょうか^^;

戦力としては使いにくいから、もし戦くじから引いたら
同一合成から神速素材作成狙いつつ、合成失敗で
天下の片鱗3枚へ交換出来れば良いかなくらいな気持ちになってます。
ランク
アップ
◆馬上げ◆ 
馬全般はもちろん、弓騎馬にも対応出来るので、
馬SSSの後は赤備えメインなら槍上げ、弓騎馬なら弓上げ。
ステ振り兵法成長率は低いので攻撃振り。
追加スキル戦力とするなら速度スキルで固めたい所。

合成で使える費用は人それぞれ異なると思うし、
続々と新しい強スキルが追加されているので、
費用に見合ったスキルを比較しつつ以下の一覧表から選んで付けたい。

おすすめ【速度スキル】必要な素材と性能比較:一覧
スキル
テーブル
第一候補【騎馬隊突撃
第二候補【電光石火
第三候補【義兵進軍
S1候補 【盈月行軍
S2候補 【神速】 ※同一合成


 



    ■最新記事一覧・トップページへ戻る   |  △ページ上部へ


       このエントリーをはてなブックマークに追加
   

2月2日発売 戦国IXA 公式ガイドブック 破軍之書 購入特典カードは【破軍星】素材

   
関連記事
コメント:
以前この方が出たのを最近になって思い出して、何か有効活用出来ないかと思ったんですけど、同一合成なら神速が付きますことよ奥様♪←

いや、時間限定に左右されるスキルであるのは分かってるけど、Lv10で速度40%上昇は美味しいし、影武者討伐には重宝されるかと?

同一合成して神速付けばLv10で速度55%上昇もかなり優秀ですし、手持ちの速度上昇スキルがしょぼいってのもあるけど、鯖によりけりだけど下手なカードより手が出しやすく、速度上昇狙えるから決して悪い子じゃないと思うんですよ

たぶん、使い方によってはかなり優秀というか強い武将になるんじゃ?

板部岡買うより安い!がキャッチコピーでいかがでしょう?w
【2015/07/29 20:57】 | チャルマン #- | [edit]
チャルマンさん

お、同一合成は【神速】だったんですねw
早速テーブルに加筆しておきます^^

神速が付けば夕方以降プレイする時間帯なら23時の影武者含めて確かに良いかもしれませんね~

ただ、自分の場合は1期目から速度武将を重要視してたので結構な数の速度武将が育成済みだし
陣張りやカウンターにと時間に限られず使える武将のやっぱり好みですね。
※その辺はプレイスタイルに左右されそうですが。

後、23時の影討伐は人が多すぎるので間に合わないことが多く、
23時影用の陣張りも良い場所確保が厳しいので、敬遠してますから出番が無い・・・w

使い道としては神速覚えたらそのまま神速素材にもなるので、溶かしたくてウズウズしそうだけど、
自分は安く仕入れた時からスキル強化用の贄素材として考えてたので、今小姓使ってランク上げてますw

安く買える贄極!というキャッチコピーも悪くない?w
【2015/07/29 23:16】 | 影武者@管理人 #- | [edit]
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
【連絡】コメントで頂ける情報へのお願いとお詫び



   ■トップページへ戻る   |  ↑ページ上部へ