討伐ゲージと経験値の効率的な稼ぎ方 「武将育成方法:其の1」

   2014-11-12 02:50 | コメント(0)
◆戦国IX攻略 武将育成◆

※自分が使ってるこの育成方法は
兵士の消費量を無視した物量作戦(※後ほど説明)が前提にあるので、
省エネには向いておらず、人それぞれ合戦で消費する兵士の種類や数も異なれば、
資源生産量も兵士補充時間も違うし、育成に回せる兵科も変わってくる為、
あくまでも参考程度にお考え下さい。


                                         スポンサーリンク





ということで、赤備えを消費して経験値を稼ぎやすい空き地がこちら

空き地


いわずと知れた★7の52222ですw ※詳しい理由は過去記事のこちらを参照

あとは赤備えを積んで★7の52222へ攻撃するだけですが、
期(刷新回数)によって勝利するのに必要な攻撃力が変わるので予め調べるのを忘れずに。



んでは、ここから実際に画像を混ぜて説明していきます。

例:育成中の天如水にて

武将1人でその攻撃力を満たせる場合は討伐ゲージ300で突っ込ませる。
※攻撃力が不足する場合は経験値の分散を最小限に留めたいので2名に。

如水攻撃討伐300


スキル発動の有無でも大分変わってきますが、
討伐ゲージ300で上記くらいの経験値を1回で貰えます。

で、ここからなんですが兵士の消費を気にしなくていいのであれば、
討伐ゲージ50で帰還後、解散せずにそのまま再度攻撃

如水攻撃討伐300→半分

これが結構な経験値が貰えるんです^^



本来は討伐ゲージ100まで貯めてから育成した方が効率が良いので、
人によって分かれそうですが、自分の場合は空き地凸の育成が終わり次第、
秘境へ銅銭稼ぎに出すから、当分空き地凸する時間がないので
そのまま武将が負傷するまで攻撃します。

如水攻撃討伐300→半分→半

攻撃すると討伐ゲージはどんどん減っていきますが、

如水攻撃討伐300→半分→半→負傷

地味ながら経験値は増えます。

最初の1回だけなら経験値は「28128」で終わりましたが
総獲得経験値は「39093」となり、短時間で1万以上貰えるのは大きい。

※スキル未発動により体力の減り具合では3回の時もある。


その分、総被害数(赤備)は「3920」と3~4倍というリスクもついてくるので
やり過ぎると赤備えが不足しがちになるので、
合戦クエでの赤備え補充や、赤備え量産体制を整える必要があります。


で、6時間の秘境から戻ってきたら討伐ゲージもある程度回復してるから
再び負傷するまで空き地凸を繰り返す事になるので、
物量作戦というのはこういう理由からです。



今回の例は天だったので効果的でしたけど、
上や序などの生贄育成には向いてない部分もありますが、
短期間で育てるのならこういったやり方もありかと。


※ちなみに剣豪の兵1育成なら被害ないし、
連続凸はやった方が効率は良いと思いますが、
剣豪はHP回復遅いので、討伐ゲージとHPの回復時間は計算しておいた方が無駄がないです^^


<赤備えを使う理由>
自分は自前育成でランクアップ素材も作成しているので、
何度も空き地攻撃してると時間が掛かるから、攻撃往復の短縮もしたいし、
速度が早く攻撃力が高い赤備えのみ使って育成しています。

※槍や弓攻撃に適した★7の空き地でも
槍や弓だと武将2名でも必要攻撃力が足りない事もあるので。


その為、内政も赤備えを量産し易い体制(厩舎の数とLv)も整えてますが、
近くに適した空き地が無い場合はやむなく槍や弓に切り替える事もあります。


<討伐ゲージについて>
省エネをするなら討伐ゲージ300までは待ちたい所だし、
討伐ゲージを500まで貯める方もいると思いますので、
討伐ゲージと獲得経験値効率の比較は「其の2」にて。


 



    ■最新記事一覧・トップページへ戻る   |  △ページ上部へ


       このエントリーをはてなブックマークに追加
   

2月2日発売 戦国IXA 公式ガイドブック 破軍之書 購入特典カードは【破軍星】素材

   
関連記事
コメント:
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
【連絡】コメントで頂ける情報へのお願いとお詫び



   ■トップページへ戻る   |  ↑ページ上部へ